overgame

salt light

田原ライトゲーム@2019-01-25

ソルトウォーター/ライトゲーム

今月6回目の釣行は、愛知県田原市へ遠征です。

同僚がオーストラリアへ行く前の最後の記念釣行も兼ねての遠出です。

といっても、車で1時間30分くらいで着くのでプチ遠征ですけどね。

釣行の目的とレギュレーション

  • 遠征&記念釣行なのでメモリアルな一尾を釣る!

遠征って良いイメージがないんですよね・・・。

レギュレーションは以下の通りです。

  • ルアーのみ使用可能
  • 5時間以内
  • すべてリリース

同僚は、ハイブリッド仕様のジグイソメです。

簡単なポイント紹介

渥美半島の北側の先端に近い漁港です。

何度か行ったことがありますが、私は漁港内で良型が釣れたことはありません。

以前の釣行時に、地元アングラーさんから聞いた話だと、アベレージは小さいとの事でした。

テキサスリグでキジハタグラブつけてボトム攻めてると、お前は正気か?そんなんに喰ってくるやつはここじゃいねーぞ!と言われました。💦

漁港内は、あまり潮通しが良くなく、常夜灯付近でマイクロベイトを食べてる小型が多いイメージです。

実績としては、メバル、クロソイ、セイゴってところです。

地元で有名なエサ屋さんに行ってみた

私はルアー専門なので餌は必要ないのですが、同僚がハイブリッド仕様なのでエサ屋さんに着いていくことに。

「うしお」さんは、地元では有名なエサ屋さんらしいのですが初入店です。

https://ushio.hamazo.tv/

大手の釣具屋さんの餌コーナーをイメージしてたのですが、店内に生きた餌を置いてない所が意外でした。

レジで店員さん(たぶんオーナーさん)に伝えると、バックヤードの培養所?ラボ?から取ってくるガチなスタンスなようでした。

店内は狭いながらも釣具が置いてあって、Tictのメバスタが置いてある所が個人的には高評価です。

同僚は30gほしかったらしいのですが、最低が50gからだったらしく、やむなく50gを買うことにしたのですが、店員さんに使いきれるか心配されてました。

これが、悲劇の元になるとは・・・。

とりあえず港内をチェック

現地に着いて港内の常夜灯付近をいくつか見てまわったのですが、潮が止まっている感じだったので、少しでも流れがありそうな、河川が流入しているポイントへ入りました。

同僚は早速、餌をつけ始めたのですが、メチャ太い!長い!ヤバイ!

アオイソメって細いミミズくらいのイメージだったのですが、まじで太いミミズくらいある!

ジグヘッドにそのまま付けていましたが、あきらかにバランスがおかしい(笑

写真撮ったらよかった・・・。

私のほうは、まずプラグでチェックしていますが、ノーバイトの平常運転です。

同僚のほうは、バイトがあるが乗らないとの事。

そんな時、私があることに気づきました。

ワイ「なんか、表層にポツポツ小さいライズみたいなのがいっぱい見えへん?」

同僚「あれ雨でしょ。」

ふぁ?!

遠征なので天気予報を何度も確認して、風が無くて、雨がふらない日を選択したはずなんですけど?!

ポツポツ降ってるので、そのうち止むでしょうと期待して次のポイントへ行きました。

本命のポイント

港の入り口にあたる突堤は、潮通しが良さそうで、釣果報告もある実績のポイントです。

このポイントに入るのは、はじめてです。

以前から、良さそうだなと思いつつ行き方が分からなかったのです。

一度、港を出て少し横の側道からアクセスするようで、私達は歩いていったのですが、ポイントの近くの空き地にはアングラーの車が何台か止まってました。

駐車していいのか、悪いのか判断がつきにくい場所だったので、徒歩できてよかったのですが、そこそこ距離があるので疲れます。💨

突堤の足元には、石がはいっていて根魚が釣れそうですが、潮がひいてくると露出しそうで邪魔になりそうな感じでした。

私達は、先端付近に入ろうとしていましたが、先客がおられたので、少し距離を置いて突堤が曲がって変化する部分にエントリーしました。

移動している間も雨が降り続いていたのですが、こちらは遠征なのでそう簡単に帰れへんのやで!

幸い風は強くないのですが、しだいに雨が強くなってきました。

ワーム解禁

プラグで数回チェックしたところ、先端に入っていたアングラーが撤収しはじめました。

これはもう短期決戦だと思い、先端のテトラ付近に入って、ワームを使うことに。

ジグヘッドは、レンジを少し入れたいので「Tict アジスタ! S 1.5g」を選択。

ワームは「Tict ギョピン 1.7インチ 銀粉しらすUV」です。

やはりテトラ付近が気になるので、カウントを入れてテトラのボトム付近を2,3回トレースすると・・・重いバイトが!

ばっちりフッキングしてよせてきますが、かなりいい引き!

クロソイ

クロソイちゃんでした。

このへんのアベレージを知りませんが、そこそこ良いサイズなんじゃないでしょうか。

抱卵個体っぽかったので丁重にお帰りいただきました。

この後、風雨がひどくなってきたので速やかに撤収しました。

釣行を終えて

遠征ってなんでいつも悲惨な結果におわるんですかね?

過度に期待しすぎなのかもしれませんが、期待しないと遠征とか行かないって!

なんとか一尾キャッチできたから良かったです。

ワームってやっぱり釣れるネ。

で、同僚のリアルなワームのほうはと言うと、実質1時間くらいの釣行で、さらに屈強なイソメなのでエサ取りに強く、ちぎれない(らしい)ことから・・・4,5匹しか使ってない!

つまり、メチャ余ってる!!

結局、イソメリリースしておりました。

30gで売ってくれれば・・・とかいってましたが、30gでも余るでしょって。

かなりクオリティが高い餌屋さんらしいので、浜名湖へエサ釣りに行く時には、立ちよられてはいかがでしょうか。