overgame

salt light

浜名湖ライトゲーム@2019-01-12

ソルトウォーター/ライトゲーム

前回の癒やしを求めた釣行で大怪我したので、もう一度同じポイントに入って怪我しにいくという危険な釣行です。

ウヘヘヘ。

釣行の目的とレギュレーション

  • 去年の実績ポイントでメバルを釣る
  • 前回の釣行の傷を癒やす
  • プラッギングの練習

今度こそ、ぬるま湯につかりてぇ。

レギュレーションは以下の通りです。

  • プラグのみ使用可能
  • 約3時間以内
  • すべてリリース

風が無さすぎても困る

今回は前回と違い、あまり風がありません。微風です。

現地に着いて思い出したのですが、このポイントは風が少しある日に実績があり、風がない日はかなり厳しかった事を思い出しました。

風が強くても、弱くても文句をいう・・・アングラーってやつは厄介ですねぇ・・・。

そしてなんと、潮回りは小潮です。

つまり、風がなくて潮の動きが少なく、連日の澄み潮です・・・これはノーフィッシュもあるなと思いました。

落ちパクに近いやつ

とりあえず潮がきいているだろう波止場の入り口からチェックしていきました。

ルアーは、「nadar BEAGLE SS クリアブルーシルバーグリッター 2.2g」です。

nadar BEAGLE SS クリアブルーシルバーグリッター 2.2g

とくに反応がないので、粘らずに波止場の奥の常夜灯がきくエリアをチェックします。

すると、3投目くらいで着水から2,3秒後にバイトが!

引きは強くなく小型で、フックのかかりが良くない感じでしたので、慎重にランディングしますが、フックアウト・・・。

その後、同じコースをトレースしましたが反応がなくなったので、波止場に並行する明暗をVIPトレースしているとヒット!

こちらも小型だったので慎重にランディング。

ガシラ

ガシラちゃんでした。

ほらね!よく釣れるんですよ?このルアー!

あまりレンジいれてなかったので、ガシラちゃんは想定外でした。

浮いてきていたのかな。

青系のルアーについて

最初は、青系のルアーって釣れる気がしなかったのですが、フラット系をやってるときにハウルの青でもちゃんと釣れることを体感してから、積極的に使うカラーになりました。

釣れないルアーは売られてないと分かっていても、実際に体感しないと信じられないものです。

それから、よく観ている「Az-ing Lab.2nd」のトミー(富永敦)さんが、青系のワームで大物を仕留めているのを見て、必ずルアケースに入れる色となりました。

青系のルアーは、陸の上で見ると結構派手にみえますが、水中だと案外と馴染むカラーなんでしょうか。

海や水って青く見える事が多いので(なぜかは知らない)、水中ではクリアほどではないけど、自然なカラーにみえるのかもしれません。

意外なルアーやカラーで釣ることは、ルアーフィッシングの楽しさの1つだと思います。

おじさんと話す

波止場側はその後反応がなかったので、近くにある別の常夜灯が僅かに効くポイントへ移動しました。

すると・・・暗闇からテクトロしてるおじさんが来て話しかけられました。

フィールドで色んな人と話すのは好きです。

とくに釣りの話をしていると時間を忘れます。(おじさんも同じこと言っていました)

釣り場の情報交換から、釣り人のマナーの話、浜名湖周辺のポイントが昔と比べて無くなったという話、おじさんの足の調子が悪い話などを聞いてると・・・いきなり足元でヒット!

そして・・・直後にフックアウト!

こういう時って絶対バラすんですよね・・・。

チラッと見えたのは、いつものサイズのセイゴでした。

ヒットしたプラグは、こちらも「nadar BEAGLE SS クリアブルーシルバーグリッター 2.2g」です。

おじさんの子供は、昔は釣りをしてたけど、最近はゲームばかりやっているらしいです。

ビデオゲームは確かに楽しいのですが、個人的にはルアーゲームほうが楽しいと思うんですがねぇ。

ちなみに、私も風雨が強すぎて釣りに行けない日は、家でゲームしてますけどぉ。

その後もおじさんと話ながら並んで釣っていたのですが、反応が無くなったので、家路につきました。

釣行を終えて

ここ数回、かなりの澄み潮での釣行になっています。

焼津に行った同僚も澄み潮で厳しかったと言っていました。

冬なので基本的に澄み潮が多いわけですが、最近とくに澄んできてるような気がします。

今回は、なんとかノーフィッシュはまぬがれましたが、次回の釣行はヤバそうです。