overgame

salt light

浜名湖ライトゲーム@2019-01-01

ソルトウォーター/ライトゲーム

明けましておめでとうございます。

初釣りとして1月1日にナイトゲームへ行きました。

私のホームフィールドでは、冬になると暴風の日が多いのですが、この日は風が弱く釣りやすいコンディションでした。

日頃の行いが良いのでコンディションも味方してくれたのでしょう。間違いないです。

釣行の目的とレギュレーション

  • 新年一発目の釣行ということで、いい感じに釣って今年一年の釣りモチベーションをあげたい
  • プラッギングの練習

平成最後の年になりますから、メモリアルなファーストフィッシュに出会えればいいなと思っておりました。

レギュレーションは以下の通りです。

  • プラグのみ使用可能
  • 3時間以内
  • すべてリリース

簡単なポイント紹介

釣りに行くポイントは、最近ハマっているちょっとマイナーな小場所を選択しました。

マイナーといっても、某番組でテスターが来るくらいには有名なポイントなんですが、駐車場が近くにないので不人気です。

このポイントの特徴は、潮通しが良く、下げ潮時に沖のストラクチャーが影響してかなり手前側にヨレが発生します。

足元にも人工のストラクチャーがあり根魚系を狙えます。

ボトムは、基本的に砂地で足元のストラクチャーゾーン以外は根掛かりし難く釣りやすいです。

常夜灯はありますが、わずかに光が届くか届かないかくらいの暗い場所を狙います。

まずは表層をご当地ルアーで

到着すると、すでに元日のメチャ寒い夜からウェーディングしているシリアスシーバスアングラーがおられましたので、ちょっと距離をとって入らせてもらいました。

本当は声をかけて、許可と釣果を聞きたかったのですが、ウェーディングしているアングラーに声かけると迷惑になるので自粛です。

過酷な状況で淡々とキャストし続けるシーバスアングラーに尊敬&釣果を期待しつつ、ワイは陸っぱりのぬくぬく装備でヌルゲーや!!!

まずは、まれにライズが発生している表層と表層直下を攻めてみます。

ご当地ルアーで釣りたいので、nadarのルアーを選択します。

私はご当地びいきです。これぞ郷土愛ってやつですね。まぁ出身は兵庫なので関係ないんですけどぉ。

nadar BEAGLE SS クリアブルーシルバーグリッター 2.2g

「nadar BEAGLE SS クリアブルーシルバーグリッター 2.2g」をカレントに流し込んでスローリトリーブします。

反応がないので、ステイを入れたり長めにフォールして、もっとゆっくりな展開に変更しますがノーバイト。

お次は、似た系統の「ジップベイツ リッジ35 SS クリアラメ 2.2g」を選択して、同じようにチェックしましたが反応がありません。

中層とボトムをゆっくりとチェック

表層側は反応がないので、ここで見切って中層とボトムをチェックすることにしました。

数日前に何匹か釣って実績のある、「TICT FLOPPER38 クリアインナーホロ 2.5g」を選択しました。

少しHogeを意識しはじめたので、安牌なルアーチョイスで保身の釣りってやつです。

あまり浮き上がらないようにスローでレンジを意識してリトリーブしますが・・・これも反応なし。

この時点で「ワイのお魚さんどこいったん?」「今日はおせち料理食いに行ってておらんのちゃうか!」とかなんとか妄想して焦ってきました。

その後フォールでボトム周辺を縦に探るも反応がなかったので、過去の実績を見切ってルアーチェンジすることに。

チートルアー投入

DAIWA 月下美人 澪示威 35s グローピンク 1.5g

FLOPPERは38mm(1.5in)なのでとくにサイズが大きいとは思わなかったのですが、私の性癖から、とりあえずサイズダウンさせて「DAIWA 月下美人 澪示威 35s グローピンク 1.5g」を選択です。

こいつは個人的にはレギュレーション違反ギリギリのグレーゾーンルアーです。プラグというよりワームに近く、ワームを硬化させてトリプルフックつけたようなルアーです。

ルアーの横の大きさより、縦の大きさをダウンさせて魚に見せるシルエットを変える作戦です。

35mmなのでFLOPPERと比べると3mm差ですが、澪示威は細いのでボリュームが全然違います。

「グローピンク」では反応がなかったのでカラーを「クリアシラス」に変更し、スローリトリーブでカレントのヨレ周りをサーチしていると、コツン!とショートバイトがあるもフックアップせず!

暗闇の中で「ウワァァァ」とか奇声を発しながら同じコースにキャストを続けると、ガツン!とバイトがあったのでフッキング!キタコレ!

セイゴ

バイトの感じと、やり取り中の暴れ方で何が喰ってきたのかわかったのですが、釣り上げてみると予想どおり・・・。

今年のファーストフィッシュは、セイゴちゃんです!

今シーズンはヒラ系のセイゴが多く、分かりやすいバイトと共に良く引きます。楽しい。

調子が出てきたのでルアーを戻すと・・・

TICT FLOPPER38 スーパゼンゴ 2.5g

この時点でHogeを逃れて余裕が出てきまして、「TICT FLOPPER38 スーパゼンゴ 2.5g」に変更しました。

セイゴはボトムよりやや上で喰ってきたので、その周辺になんかおるのではないのかと思いまして、FLOPPERで根掛かりしない程度にボトムをタイトに通すと・・・ブルルッというガシラ特有のアタリが。

根に潜られないように一気に寄せてキャッチ!

その後は反応がなくなったので、2mくらい下流のボトムを通していると・・・根掛かりしたかと思うような重いアタリが!

アジングロッドがいい感じに曲がって、ドラグが出るくらい元気なヤツです!

度々、根に潜ろうとするのできっちり浮かせてキャッチ!

タケノコメバル

元気な、タケノコメバルちゃんでございました。

ここで満足してたのですが、もうちょっと時間もあるし粘ってやろうと思い、同じコースをトレースしてると根掛かりしかけた・・・。

正確には根掛かりして外しました。ダセェ・・・。

初釣りで根掛かりロストして終了すると一年を通して根掛かりの呪いをうけそうなので家路につきました。

釣行を終えて

トップからチェックしてボトムに行き、反応がないとプラグのサイズを落とすというよくあるパターンでした。

最後にプラグのサイズを上げて、良いのが出たのでサイズダウン前にネチネチやっても良かったのかもしれません。

皆様も今年一年よい釣果に恵まれますように!